お金はただ使うのではなく、目標を持つといい

生活費各種にかけるお金の割合の目安 当たり前ですが、お金は使えば使うほど無くなっていきます。生活をしていれば、贅沢をしていなくても無くなっていきます。どうすれば、それが防げるのでしょうか。それは、ダイエットと同じかもしれません。一時期流行ったレコーディングダイエットのように、書き留めるのです。そう、家計簿です。

まずは、家計簿をつけることによって、これまでのお金の使い方の意識改革をしましょう。ただお金を使うのではなく、何にどれくらい使っている客観的に捉えられるようになるでしょう。加えて、家族にも共有しやすく他の家族への意識改革にもつながっていくかもしれません。そうやっていくうちに、不思議と無駄な物を買わなくなります。家計簿に書くのが面倒だから、買わないという場面も出てくるかもしれません。

家計簿を書くことで意識改革ができたら、新たな目標を立てましょう。何年でいくら貯蓄する。何かを書くためにいくら貯めるといったことです。決してお金に左右されるのではなく、自らがお金の支配者となるのです。ここまでくれば、上級者の仲間入りです。新たなお金が生み出されていくかもしれません。お金を使い、未来への投資をし、またお金が入る、そんな好循環へと変わっていくでしょう。